夜間の暗視撮影・浮気調査の証拠写真

探偵・興信所は大阪のアーチネクスト
浮気調査はカラーで暗視撮影

カラーで鮮明な暗視撮影ができる!

市販の機材とアーチネクストのプロ用機材との撮影力を比較
アーチネクストでは脅威の明るさを誇る最新の4Kカメラを導入致しました。
探偵調査の撮影は対象者にバレてはいけませんので、もちろんフラッシュは一切使用できません
そんな状況下での当社の暗視撮影力を比較してみました。

①一般的な明るさの市販カメラで撮影
市販のカメラでは映らない
②明るさにかなり強い市販カメラで撮影
夜には比較的強い市販カメラ
うっすらと白い車やヘッドライトが確認できますが、どんな場所なのか全くわかりません。 それでも細部の輪郭がぼやけ、ノイズが目立っています。


③当社が誇る超高画質カメラカラー暗視撮影
超暗視撮影で暗闇でも写真がボケない

↓↓↓さらに拡大↓↓↓

フルカラー暗視カメラで撮影
手前の建物から奥の建物まで、鮮明なカラー暗視が可能!!
左上の空が本当に明るいです。これだけ大きな写真を掲載できるのは、その画質が極めてよい証拠です。
実際には3840×2160ピクセルの4Kサイズでこの高画質撮影が可能です。
(ナンバープレートはモザイクを施しています)

加工していますが、実際の肉眼ではこんな感じに見えています。(イメージ)


暗視撮影力の比較写真
探偵社によって所有機材は大きく異なります。
アーチネクストでは、暗所でも鮮明に撮影できる高画質のカラー暗視カメラで決定的な瞬間を逃しません。
一般的な明るさの市販カメラ アーチネクストの高画質フルカラー暗視カメラ
Case1.ラブホテルのエントランス
ラブホテルのエントランス
暗くてどこかわからない
暗視カメラの画質
どんな場所かがハッキリとわかる!
Case2.ラブホテルから歩き出るカップル
ラブホテル街のカップル
暗くて誰だかわからない
暗視カメラの画質
顔や服装まで鮮明で対象者であると判別可能!
Case3.腕を組み、公園を歩くカップル
公園のカップル
真っ暗で、もはや写真とは呼べない
暗視カメラの画質
暗がりの公園でも対象者の特定が可能!
※同一環境の条件のため、シャッター速度は1/60に統一。
妥協はしない!より鮮明な証拠写真を追求して…。
いかがでしょうか?上記写真はいずれもフルHD画質での撮影で、サイズを縮小している以外は一切加工をしておりません。
(シャッター速度は1/60秒で統一)

撮影力は探偵社によって、大きく異なります。
他社探偵社に依頼され、「暗くて撮影ができなかった」「ぼやけてハッキリと写っていない」というお声をよく聞きますが、それは調査機材に乏しい探偵社だからです。
探偵業は資格がなく、ほぼ誰でも参入が可能なため、その調査力は大きく差があります。
中にはハンディカム1台で探偵業を経営している探偵事務所も多数あると耳にします。

アーチネクストが最も力を入れているのが、尾行、撮影をはじめとする調査力です。
中でも、撮影力は群を抜いており、どの依頼者様も弁護士の先生方からも、そして同業である探偵社からも驚きの声を頂いております。
他社では白黒や赤外線撮影時の緑色など、モノトーンでしか撮影ができなかった暗闇のシーンがアーチネクストでは、カラーで鮮明に撮影できます。
しかも、4K&フルHD極めてノイズの少ない高画質
優れた操作性と実用性で、瞬時の撮影を求められる調査現場でも大活躍!

その表現力の差は歴然です。
真っ暗闇ではさすがに限界があり、表現力が劣る白黒の暗視カメラや赤外線カメラが威力を発揮しますが、過去の調査事例を振り返ると、浮気調査など夜間の証拠収集は99%の調査現場がこの機材でカバーできるのです。

「あっ」と感じたらすぐにご相談を。

ページ上部へ