車の中を赤外線撮影・浮気の証拠写真

探偵・興信所は大阪のアーチネクスト
日本製のカメラ・調査機器

赤外線カメラで車内を透過撮影

市販の機材とアーチネクストのプロ用機材との撮影力を比較
車の中の様子を撮影したい時、スモークガラスが真っ黒で写せないことがあります。
それはカメラの性能に限界があるためです。
アーチネクスト総合探偵事務所では、改造型の赤外線カメラを使用し、車内の様子を鮮明に撮影することが可能です。

赤外線撮影の比較検証
今回の検証は、カー用品店等で販売されている吸盤付きのスモークフィルム。お手軽に張り付けることができます。
今回は、マウスパッドをこのフィルムの上に被せて、撮影検証します。
①まずは市販のカメラで撮影。スモークが濃く、マウスパッドは全く写りません。
右端に若干、マウスパッドの影が確認できます。
②赤外線撮影。スモークを透過し、下のマウスパッドが透けて撮影できています。
マウスパッドに記載のある印字面も確認できます。
③さらに赤外線のみを通すフィルターを付けて撮影。可視光線はカットされます。
マウスパッドの印字面の文字が見にくくなりましたが、これは赤外線フィルターを装着したことで、印字面を透過して、マウスパッドのさらに奥まで撮影しているからです。
若干暗くなっていますが、テーブルとスモークフィルムの境目があいまいなことに注目してください。上の写真と比べて、スモークをより透過して撮影できていることが確認できます。
④当社が所有する改造型赤外線カメラで撮影。マウスパッドの印字面は見えなくなり、ほぼ真っ白です。
上の写真よりもさらに透過度が増し、マウスマッドの印字面のさらに奥を撮影しているためです。
①の写真と比較してみましょう。注目すべきはマウスパッドではなく、スモークフィルムとテーブルの境界線です。
右側の改造型カメラでは、スモークフィルムがほぼ透過しているのが確認できます。
妥協はしない!より鮮明な証拠写真を追求して…。
スモークフィルムやガラスの種類、撮影環境にもよりますが、アーチネクスト総合探偵事務所では、上記のような赤外線カメラを使用した車内の透過撮影が可能です。
撮影力は探偵社によって、大きく異なります。
いわゆる「大手」と呼ばれる探偵社であっても、このような機材を所有していない探偵社も存在します。
アーチネクストが最も力を入れているのが、尾行、撮影をはじめとする調査力です。
中でも、撮影力は群を抜いており、どの依頼者様も弁護士の先生方からも、そして同業である探偵社からも驚きの声を頂いております。
安かろう、悪かろうの探偵社が増加の傾向にある中で、アーチネクスト総合探偵事務所では、依頼者様の心の声にお応えすべく、調査機材や調査員の教育には、特に力を入れています。

「あっ」と感じたらすぐにご相談を。

ページ上部へ